口の渇きと口臭は深く関係しているのをご存知ですか? 口が渇くと口臭が悪化する理由には、唾液の分泌量が大きく関わっていると思います。 唾液というのは、口の中にいる細菌を殺菌する働きを持っているため、唾液の分泌量が減少してしまうと細菌が活発になってしまい、悪臭を引き起こしてしまうのです。 では、どうして唾液の分泌量が減少してしまうのでしょうか? 唾液の分泌量が減少する要因としては、主に4つよくあるのです。 ・加齢 ・ストレス ・口呼吸 ・薬剤 年齢を重ねると代謝が低下してしまい、それに伴って唾液の分泌量も減少してしまいます。 それに、ストレスが蓄積されると自律神経が乱れてしまって、唾液の分泌量が減ってしまいますよね。 また、口呼吸(鼻呼吸よりも酸素が吸収されにくかったり、免疫力が低下したりするのだとか)をすると唾液の分泌量が減る上に、口を開けたままなので口の中が渇いてしまいやすくなります。 それから、抗うつ剤や降圧剤などを服用すると、唾液の分泌量が減少してしまい、口の臭いが酷くなることもあるようです。 口臭を防ぐためにも唾液の分泌量を増やすことが大切ですから、ストレスを軽減させたり、口呼吸を改善するようにします。 それに、ガムなどを噛んで意識しつつ唾液の量を増やしたり、こまめに水分補給するのもおすすめでしょうー